複合機スキャナー保存の宛先ディレクトリを非表示にしたい

情報システム部です。

 

前回コストをかけず(無料で)NAS外付けUSBDISKを隠し共有フォルダ(SMB)にしたいにて、外付けUSB接続HDDの隠し共有化方法を共有させていただきました。

 

そこで出てきた残存脆弱性が「複合機スキャナー保存の宛先設定を覗くとNASディレクトリ丸見えやんけ!」です。

本日もコストをかけず小さい課題を小さい工夫で解決した、ネット検索しても出てこない対策を共有していきます。

 

当社ではPDFスキャンするのにFUJI XEROXの複合機でNAS上のフォルダにSMBプロトコルで直接保存しております。

これだと、登録した宛先を確認するとディレクトリが丸見えです。

見えないようにするには、複合機のHDDに一旦保存してから目当てのNAS上フォルダに移管すればいいのです。

 

親展ボックス保存を使用する為、ボックスを作成します。

スキャンする際に、ボックス保存を選択し、作成したボックスを選択してスタートボタンを押下するだけで良いのですが、ブラウザで複合機にアクセスしエクスポートとファイル削除の操作が手間です。

 

指定のNAS上フォルダへ転送し、複合機HDDからファイルを削除するまでを自動化したくなります。

情シスは効率化、品質向上、セキュリティ実装を全て叶えるのが当たり前、工数が増えることがあってはならない…。

ジョブフローという、CMS操作するだけで作れるマクロ機能があるので、これにSMB転送先ディレクトリとアクセス権限IDPWを入力していき、編集権限PWを設定できるので覗き防止も忘れずに、ボックス自体にファイル取り出し後削除の設定を入れて、ボックスとジョブフローを紐づければ完成です。

 

これで親展ボックス保存スキャンをしたら自動的に転送され、元ファイルは削除されます。

ユーザーは親展ボックス保存をするだけなので、その転送先のディレクトリまでは見えません。

 

無線LAN周り、WEBサイト周り、特にアカウントクラック系で書きたいことがあるのですが、出回ってるアタックやウイルス手法、それらの具体的な対策等は公開すると悪意が芽生えて悪用する者がでてくる(オレオレ詐欺を真似し始める輩など)ので書けません。

今回のような、記事にしても大したことない程度の初歩的な内容は気が向いたらまた書きたいと存じます。

前回記事コストをかけず(無料で)NAS外付けUSBDISKを隠し共有フォルダ(SMB)にしたい