保守

f

f

f

⇧アウトソーシングサービス案内に戻る

f

ヘルプデスク(不良切り分け)、日次月次報告(レポート作成)、不良検査、代替機キッティング発送、センドバック保守、クリーニングなどを行います。


【柔軟性】

基本はコールセンターを設け不良と判断できるもののみ、センドバック保守または先出しセンドバック保守対応とするのがコストパフォーマンスが良いです、中には現地訪問での機器交換を強く要望されるお客様がいらっしゃるのも現実です、現地保守にも状況によっては対応したいとお考えの場合は、スポットのオンサイト依頼にもできる限り手配できるように努めます。

温度の高いお客様や初期不良にて急ぎ対応が必要な場合、状況によりますが当日発送なども可能な限り対応いたします。


【案件運用の効率化】

一定の品質を保つよう案件担当者の長期固定、複数担当者を用意し案件をシェアすることにより突発的な業務量増加や病欠などのリスク対応。

データ入力の自動化、短時間入力及びミス防止となる入力ツールを作成します。

オペレータの誤字脱字、ビジネス敬語、対応時間など日々フィードバックを継続し品質向上を目指します。

入電データよりお客様のご指定に沿ったレポートを作成いたします、必要なデータを適切に抽出しまとめ、”見える化”いたします。お客様商品サービスの品質向上、新たなるビジネス展開に繋がればと存じます。

ヘルプデスクは企業、商品サービスの”顔”、”看板”になります、良い印象を与え、商品サービス利用者のさらなる増加、

お客様のますますのご発展に繋がるよう努めます。